加賀屋

  • よくあるご質問
  • 宿泊お問い合わせ
  • 0767-62-4111

温泉

開湯以来、千二百年という歴史を積み重ねてきた和倉温泉。

名湯和倉の湯を守り、育て続けた歴史がそのまま和倉温泉の歴史であります。

北陸で唯一の海の温泉として全国の皆様にご愛顧頂いてきた、和倉温泉の魅力は、高温で豊富な湯量を誇る良質な温泉です。今も昔も変わらず、お客様に豊富で良質なお湯を利用していただくため、試行錯誤を繰り返しながら、旅人の湯統治として今日にいたっております。

和倉のいで湯

北陸を代表する和倉温泉のいで湯は自然がもたらしてくれた恩恵。この恵みを最大限に生かすため、加賀屋では露天風呂・野天風呂等さまざまな温泉の楽しみをご用意しています。

湯の香、潮の香を感じながら、お客様の気分に合わせて、情緒あふれる旅のひとときをご満喫いただけます。

  • 温泉イメージ
  • 温泉イメージ
  • 温泉イメージ

浴槽に入ると、七尾湾に浮かんでいるかのような感覚を味わっていただける空中露天風呂。

温泉施設のご案内

殿方の湯 恵比寿の湯

殿方の湯 恵比寿の湯

大浴場をすべて海側に配し、雄大な眺めをお楽しみいただいています。 殿方大浴場“恵比寿の湯”は、趣向を凝らした浴槽を3フロアに配置。 専用エレベーターを利用し、館内に居ながらにして温泉巡りができます。

詳細はこちら

婦人の湯 辨天の湯

婦人の湯 辨天の湯

婦人大浴場は2フロアに広々としたスペースを確保しました。七尾湾を望むロケーションで露天風呂が楽しめます。

詳細はこちら

婦人の湯 花神の湯

婦人の湯 花神の湯

タイルが鮮やかな“花神の湯”は、七尾湾を望む絶好のロケーションです。

詳細はこちら

フロアマップ

和倉のいで湯について

水晶をくぐりぬけた透明な泉質

開湯以来、1,200年という歴史を積み重ねてきた和倉温泉は北陸・石川を代表する温泉です。
地下の花崗岩に含まれる水晶をくぐり抜け、透明なお湯が絶えることなく湧き出ています。

塩化物泉で高張性(高濃度)のため、お肌の敏感な方は少しずつお身体を慣らしながらご入浴ください。

和倉のいで湯

入浴方法

入浴方法

入浴前に身体にかけ湯をして温め、
3~10分程度つかり、慣れるにしたがって入浴時間を延ばしてください。

入浴後、温泉成分を洗い流さないほうが湯冷めを防げますが、湯ただれを起こしやすい人は、真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取ってください。
また、湯冷めに注意して一定時間の安静を守り水分を補給してください。

飲用について

飲用について

加賀屋では、大浴場内に源泉100%の飲み湯コーナーを設けています。
飲用の一回の量は、20ml(さかずき1杯)もしくは50ml程度とし、1日の量はおおむね40mlないしは250mlまでとしてください。

※夕食後から就寝前の飲用は、なるべく避けることが望ましいです。

※フッ素を含有するので、乳幼児の飲用は避けてください。

泉質と効能

源泉名 和倉温泉(5号源泉、8号源泉、10号源泉、13号源泉)
湧出地 石川県七尾市和倉町ヨ部79番地1
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 82.7℃(気温22.0℃)
湯出量 990リットル/min(動力)
PH値 7.6(ガラス電極法)
蒸発残留物 24.3g/kg(180℃)
電気伝導度 26.4mS/cm(25℃)

効能

リューマチ、神経痛、痛風、婦人病、アトピー、2倍に薄めて飲用すれば胃腸病や貧血病などに良いとされています。

あえの風

あえの風のお風呂もご利用いただけます

加賀屋姉妹館あえの風のお風呂もご利用できます。 ご利用の際は、ご遠慮なくフロントにお申し付けください。マイクロバスでご送迎いたします。

詳細はこちら

あえの風

このページのトップへ

〒926-0192 石川県七尾市和倉町ヨ部80番地 代表TEL(0767)62-1111 FAX(0767)62-1121

北陸・石川県・金沢・能登半島の観光拠点に最適な旅館 - 和倉温泉 加賀屋